ロックなバショ

鳴沢川 箱島ホタルは令和元年も舞う 

2019.06.30

箱島湧水を源とし、県道35号線、通称:日かげ道をくぐり吾妻川右岸へと注ぐ鳴沢川。この季節、無数の蛍が川沿いを輝きながら舞っています。

鳴沢川は清らかな水質と豊富な水量で古くから地域住民の生活を豊かにしてきました。昭和50年代からは清掃活動など地域住民による蛍の保護活動が始まり、30年以上にわたって脈々と続いています。

令和初めての梅雨の夜、昭和、平成と保護活動に取り組んできた人々の思いを力にかえ、蛍たちは闇の中で懸命に輝いています。

関越自動車道 渋川伊香保ICから車で約20分 駐車場有

詳しくは東吾妻町ホームページをご参照ください。

Facebookでシェアする twitterで呟く