ロックなヒト

東吾妻町役場2階で「石坂荘作資料展示」が始まりました。

石坂荘作さんは原町出身で台湾北部の基隆市で私財を投じて夜間学校や図書館を建て、同市では「聖人」と呼ばれている強度の偉人です。近年になり石坂荘作顕彰会が設立され、今年度は東吾妻中学校で交流が始まるなど、ますますその偉業が見直されています。

 

そうした中で、東吾妻町役場の2階の踊り場で「石坂荘作資料展示」コーナーが設置され、写真や資料が紹介されています。

     

 

来年には1月18日の命日は没後80年、同じく3月6日は生誕150年の節目の年になります。

 

Facebookでシェアする twitterで呟く