ロックなモノ

町の特産品「デビルズタンバーガー」

2018.08.22

デビルズタンバーガーは、群馬県吾妻郡東吾妻町による「おらがまちづくりプロジェクト」の中で、町の有志や外部専門家を交える形で生まれたご当地コンニャクバーガーです。

 

コンニャクは英語で「Devil’s tongue(悪魔の舌)」と言います。あまり知られていませんが、コンニャク芋は大きな花をつけ、その形がまるで悪魔の舌のようであることからデビルズタンと呼ばれています。

 

地元のブランド豚「やまと豚」のひき肉と町内産コンニャクを入れたメンチカツを開発。ベーコン、キャベツ、トマトなどの具材を、町内のパン店が焼き上げたパンで挟みました。見た目も楽しめるように、パンは2色展開をご用意。今回は試作品の位置付けで、今後も改良を続けていく予定です。

information
道の駅あがつま峡
http://agatsumakyo.jp

現在は道の駅あがつま峡にて数量限定で販売しております。

Facebookでシェアする twitterで呟く